人外の住む世界にようこそ。

 幽霊に妖怪、そして伝説上の生物。科学と、そのの発展のためにいるはずがないと一蹴されるような生き物たちとが共存する世界に転移してしまった椿 陽介。 元の世界に帰れず中途半端にファンタジーな世界に戸惑い、途方に暮れる中、人類種以外で構成された部隊、人外保護部隊『NAT』に保護され、そのまま成り行きで所属することになる。 そして、NATに所属する唯一の人類種として、都市の治安を守りながら元の世界への帰る方法を模索していく、そんなお話。 ▼ 短編しか書けない癖して、どうしても書きたくて背伸びして手を出した物語になります。登場人物の成長とともに、私の表現のスキルアップも優しく見守っていただけると幸いです。 また、不定期更新になりますので忘れたころに更新された、という事態がよく起こります。お気を付けください。 小説家になろう様でも同時更新しております。是非お立ち寄りください。


作者: お芋の人

ジャンル: ファンタジー

タグ: 現代 恋愛 妖怪 人外

第一章
プロローグのようなもの。
2019/09/09 10:13 に掲載
第一話 二度あることは三度あるようなもの。
2019/09/09 10:23 に掲載
第二話 世界を垣間見るようなもの。
2019/09/09 15:08 に掲載
第三話 パラレルワールドのようなもの。
2019/09/09 15:09 に掲載
第四話 人外の住む世界にようこそ。
2019/09/09 15:10 に掲載
第五話 渡る世間は意外と優しいようなもの。
2019/09/09 15:10 に掲載
第六話 先住民のようなもの。
2019/09/09 15:11 に掲載
第七話 喧嘩するほど仲がいいようなもの。
2019/09/09 15:11 に掲載
第八話 主人公に安息は訪れないようなもの。
2019/09/11 01:05 に掲載
第八話 主人公に安息は訪れないようなもの。
2019/09/29 22:43 に掲載

レビュー一覧

まだ評価されていません

寄付

寄付をして作者を支援しましょう!